店販の見えない驚異の収益性|アジュバンリ:シリーズ|株式会社東和

「鶏が先か、卵が先か」

再来があれば、店販が売れる

店販が売れれば、再来がある

店販を受け入れられる土壌を創る

美容業界を取り巻く環境を理解する。

  • 社会保険、厚生年金
  • 素材美に対して責任を持てない美容室はお客様から支持されない

オーナーがそれをスタッフに伝える。

「スタッフの幸せのための店販」

「店販は売れるスタイリストの条件」

店販の見えない驚異の収益性(これから店販はなぜ大事なのか!?)

営業利益から見た側面

【例】A店 技術売上500万円・スタッフ10人(一人あたりの生産性50万円)

店舗の利益を目標20%に設定(現実は20%の利益確保は厳しい)500万円×20%=100万円の店舗利益確保

店販売上 5%の場合…

500万円×5%=25%・・・・4割利益として=10万円の利益

店販売上 15%の場合

500万円×15%=75万円・・・・4割利益として=30万円の利益

Point → 店販売上利益を店舗利益の側面で技術売上に換算すると

30万円÷20%=150万円

店販利益30万円は技術売上150万円に匹敵

人件費から見た側面(社会保険、厚生年金への加入が見えてくる)

結論 → 店販売上15%達成は、余剰のスタッフを採用せず新たに30万円の利益がでるので社会保険、厚生年金への加入が可能となりスタッフと会社の将来に不安がなくなる。

店販を成功させ会社の総合力を高める

  • 店販はスタッフのコミュニケーション力を高める登竜門
  • 「店販」「紹介」「再来」はスタイリストの3冠王
  • 店販=自分自身をお客様に売っていること、店販は【スタイリスト・会社】価値の証(押し売りしても買わない客は買わない)
  • 店販はお客様からの信頼度と健全経営のパロメーター

アジュバンリ:シリーズ

背景 → 間違ったお手入れや、繰り返されるヘアカラー・パーマにより、髪の健やかさが失われ、ダメージを招く原因に。

特徴 → やさしくケアしながら、本来の健やかさを取り戻すことをコンセプトとしたヘアケアシリーズ。

髪や頭皮の状態に合わせて選べる、仕上がり感思いのままに。

ご興味ございましたら、アジュバン正規代理店 株式会社東和 高橋真之輔 080-5902-8000 まで、お問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です