美容師の手荒れ②

手荒れがひどく、美容師を辞めました。

面接に行くと必ず退職理由を聞かれるので、ありのまま、肌が弱いことを伝えています。

あれは無理これも無理と言っている気がしてしまい、面接をしているうちに自信がなくなってしまいます。

美容室を探す

  • 塩素を除去した水の美容室
  • 手荒れを経験した肌の弱い美容師が働いている美容室
  • シャンプーをしない美容室(1,000円CUT)
  • 低価格メニューの美容室は、シャンプーの質が悪い場合もある。(必ずしもそうではない)

検査を受けてみよう

アレルゲンの特定(パッチテスト)、ケミカルばかりが原因とは限らない、自然界にも影響があるものがあります。

オーガニック

限りなくリスクが低いだけです、フルオーガニックなの!? 認証機関は!? 商品自体の認証であれば防腐剤は含まれています(なければ保存できなくなります)

手荒れや肌の弱い人は、シャンプーの成分や界面活性剤の知識も必要です。

※テラヘルツ水、水素水、パイウォーターなどについては、美容師の手荒れ③で説明します。

美容師の手荒れによる離職率は高い、自分にあった、ここだったら長く続けられる美容室を探してください。

つづく

「美容師 求人 動画」検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>