美容師の手荒れ③

テラヘルツ水!?
水素水!?
パイウォーター!?

ここでは、僕が美容ディーラーだったときの情報をみなさんへ

けど、ホントのところ、どれが良いの!?なんてわかりません、自分にあったもの探してくださいね。

テラヘルツ水

テラヘルツ波を放射する機能水が誕生いたしました。このテラヘルツ機能水には生物由来の特殊なミネラルが含まれています、飲んでも安心・安全です。
このミネラルが自らテラヘルツ波を放射し素晴らしい機能水を作り出します。
テラヘルツ機能水は酸化を還元し、水分子を活性化し様々な効果が期待できるそうです。

SOD酵素のように酸化傾向の身体を還元して、アトピー等のアレルギー体質の改善。

SOD酵素とは、強力な抗酸化作用を持つ、酵素の一種です。
人間の体内に備わった防御システムとして活躍し、サビつきの原因である活性酸素を除去することで、健康維持に役立っています。

もう、なんだかわかりませんが、笑、タンパク質の復元力があるのかな!?

水素水

簡単にまとめると、活性酸素を除去できる。

「トラコテの水」

メキシコの小さな村の井戸から湧き出す奇跡の水。アレルギー、アトピーなど、さまざまな病気が癒される!?快方、回復、克服したという人もいるそうです。トラコテの水には、活性水素が非常に多く含まれていた。活性水素は、さまざまな病気の原因となる活性酸素と反応して水になる。

ここで、僕のおすすめ!!コストパフォーマンスは、間違いなくno.1です。

Guard

水に触れたらシュッ!!徹底です!!(Sさん)
毎日こまめにシュッシュッっと(iさん)

僕も1年使用、そろそろカートリッジの交換です。(ホント美肌です、笑)

あと、あまりおすすめできませんが岩塩です。

ここのメーカーさんも、代理店のディーラーさんも、信者なのってぐらいめんどうくさいですが、商品はgoodです。

Redox Salt Spa

パイウォーター

生体水に1番近い水、体が本来もっている、自然に治そうとする免疫力up!!

フルボ酸

河川や湖沼、海水、地下水など、水系に存在する物質の多くを占め、河川に解けている有機物の約4割はこのフルボ酸だといわれています。
pHに関係なく、溶液によく溶ける性質を持っています。

何!?

やっぱり免疫力up!!
理美容師さんが手荒れを起こさせないシャンプーとして開発、フルボ酸は細胞活性を高め、新陳代謝を活発にするため、血流が促進されるためにかゆみが生じる場合があるかも。

米ぬか(BranDrip)

血行を良くしたり、ターンオーバーの正常化を促して老化した角質を取りのぞく・皮膚の表面を膜で保護するなどの効果があり、大切なお肌を「守る」だけでなく健康的なお肌を「維持する」効果に優れています。

「米ぬかセラミド」と呼ばれる米ぬか油に含まれている成分「コメヌカスフィンゴ糖脂質」は、本来人間の角質の中に存在し、お肌を外敵から守っているセラミドと同じ働きをします。セラミドとは、皮膚の一番上の層にある「角質層」に多く存在する脂質で、外部の刺激からお肌を守っています。

最近の研究で、この米ぬかホールオイルは、アトピー性皮膚炎のIgE抗体を抑制し、かゆみを抑える効能があることが報告されています。

少しべたつきが気になるものの、BranDripおすすめです!!

酵素

体質改善、免疫力Up、アレルギー・アトピーにも期待できる。

成分や商品の説明ではなく、僕の知り合いのお店を紹介します!!(以前、同僚のスッタフにも経験してもらい、お肌つるつるです)
米ぬか100%の酵素風呂。

酵そや

HAIRBEAUZER ExcelleMium(ヘアービューザーエクセレミアム)

薬品で手荒れしてた手が、風の当たる手の甲部分が綺麗になりました。

ドライヤーの使用も手荒れの原因となります。髪を乾かす際のドライヤーの熱によって手が乾燥してしまいます。

美容室では、Nobby・ソリスの業務用が一般的ですが、その種類の中にはマイナスイオンドライヤーなどがあり、保湿力の高いものを選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

まずは、手荒れの原因から知ることが大事だと思います。
手荒れを考えてくれている美容室もたくさんありますので、あきらめないで探してくださいね。

「美容師 求人 動画」検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>