やさしい店販|美容師必読

『きれいな髪だね』とほめられた。やったね!!

って、あなたがほめられたら嬉しいですよね。

でも。。それより。。。

あなたのお客様が、こんな風にほめられていたら、もっと嬉しくないですか!?

きっかけ

そのきっかけをつくるのは、あなたしかいません。

・掘り下げ質問につなぐこと。
・悩み、不満、問題は何もないお客様を見つけること。

クエッション

「やっぱりカラーすると髪の痛みが気になるから、なんかいい方法ない!?って、ご相談をよく頂くんですが、○○さんはどうですか!?」

「季節柄でしょうか!?紫外線は髪によくないでしょう!?とお聞きになるお客様が増えてきたんですが、○○さんはどうですか!?」

ストレートに質問するよりも、「みなさんそう言っているのですが~」とか「誰々さんが、こうなちゃった。と聞いたのですが~」と付け加えることで客観的な立場で考えることが出来やすいのだと思います。

掘り下げる

①具体的には!?(具体的にいうと!?・と、いうと!?)
②例えば!?(例えば、どんなとき!?・例えば、どんなこと!?)
③それで!?それから!?
④どうしてですか!?
⑤どんな気分でした!?
⑥いつから!?
⑦相手の言った言葉を繰り返す、おうむがえし!!

目的はお客様の話を聞くというよりも、お客様に語らせることにあります。

なぜ語らせるかというと、自分で気づいてもらうためです!!

ここまでは、僕が教えてもらったことです!!これからが気になる方は

「やさしい店販」HANDBOOK

「やさしい店販」セミナー

まとめ

髪や皮膚の構造を知らない美容師って大丈夫なの!?

体のことを知らない医者から薬をすすめられるのと同じ!?

「頭皮が固いのは真皮のエラスチンやコラーゲンが固まっています、真皮にバネができるケアが必要ですね!!」

「秋口は抜け毛が増える季節、秋口に足りなくなってしまう栄養分はビタミンですよ!!」

「夏は紫外線によって活性酸素が増えるので、抗酸化力の高いものでのケアが必要ですね!!」

例えば、こんな説明ができるようになるまで

無意識になるまで意識して

習慣になるまで行動してください!!

Towa CO., LTD.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です